生産者紹介

月野原農園(所沢市中富)

所沢三富地区(上富・中富・下富)は、江戸時代に開拓された姿をほぼそのまま今に残す、都市部ではめずらしい広大な農耕地帯です。月野原農園の樽谷さんは、中富地区の一角で、農薬・化学肥料を使わず、旬の野菜だけを栽培しています。
特産品の里芋をはじめ、カブ、大根、レタス、キャベツ、トマト、トウモロコシ、枝豆、ナス、ニンジンなど、20目以上の野菜を育てています。夏~秋にかけて、ハラペーニョや韓国唐辛子、ハバネロなど唐辛子系が充実します。

月野原農園のHP
https://tsukinohara.jimdo.com/

安藤農園(所沢市下新井)

所沢生まれ・所沢育ちの安藤さんは、下新井地区の畑で、無肥料で野菜を栽培しています。(無肥料とは、農薬はもちろんのこと、有機肥料なども使用しない、ということです!)
特産品の里芋をはじめ、さつまいも、ニンジン、キュウリ、トマト、トウモロコシ、枝豆、ナス、葉物各種など、約40品目の野菜を育てています。しっかりとした野菜の味を楽しめるの「安藤野菜」のファンは多く、直売所やスーパーなどではなかなか購入できません。